FC2ブログ

元アダルトDVD、アダルトグッズ店長がオモチャプレイを妄想するブログ

元アダルトDVD、AV、アダルトグッズ店長が大好きなオモチャプレイを小説風に垂れ流すブログ         18歳未満の観覧はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復讐はアダルトグッズと共に #13

 英子の下半身は部屋の中で完全に丸出しになり、その光景は、日常の感覚から大きなズレを感じさせた。
 紗英は、「
一本多助」を強く握ると、更に強く、ピストン運動を行う。
「ピチャピチャ」と英子の股の間から、とてもいやらしい音が部屋中に響く。
「サエ、本当に起きちゃうよ!!」と美絵は心配して声をかけるが、当の紗英は全く耳を貸さない。
「本当に知らないからね!!」美絵は吐き捨てる。
 強い股間への刺激によって、英子の体は、逃げる様な動作を行う。
 ピンと延びていた真っ白い足が、ピクピクと動き、時々、床を蹴るような動作により、英子の体が少しずつ上へズルズルと動く。
 その動きに合わせて、紗英も移動する。
 その攻防が既に、15分以上も続いていた。
 
一本多助の電池は既に消耗して、動きは鈍くなってきてはいたが、紗英が行うピストン運動によって、股間に与える刺激は、全く衰える事は無かった。
 眠っている英子の口から、軽い吐息が漏れる。
 きっと、エッチな夢を見ているに違いない。と紗英は考え、更にテンションが上がる。
 20分も過ぎた頃、紗英の執拗な性器への攻撃で、強い反応を示していた、英子の体の動きがピタッと止まった。
 紗英は、「あれ?」と思ったが、更にピストン運動を続ける。
 しかし、反応が無い・・・。
 更に、強くピストン運動を行う。
 しかし、反応が無い・・・。
 紗英の頭の中に「???????」飛び交う。
 美絵の声が聞こえる。
 「サエ!!起きてるよ!!」
 「えっ、何が?」と一瞬何が起こったから分からない様子の紗英。
 利き腕の右手は、ピストン運動を続けていたが、そっと、目を上げて、英子の顔に視線を向ける。

 が・が・が・がーーーーーん
 
 と言った、訳の分からない吹き出しが頭の中を駆けめぐる。
 上半身を少し上げて、自分の股間に起こっている事を呆然とした顔で眺めている英子の姿が目に入った。
 英子の体は、紗英が起こすピストン運動によって、規則正しく、ゆらゆらと動いている。
 や、やばい!!!
 と、止めなきゃ!!右手を止めなきゃ!!
 と、強い思念を右手に送り、やっと、ピストン運動は終息した。
 英子の両の瞳から、ハラハラと涙が流れる。
 ど、どうしよう・・・と紗英は一瞬で酔いが冷めるのを感じた。
 ごまかさなきゃ・・・どうやって?
 だめだ、この状況をごまかす言葉が浮かばない!!
 謝らなきゃ、そうだ謝るしかない・・・。
「ご、ごめん、エイコ・・・ちょっとやりすぎたわ」
 と、電池が少し弱った、クネクネと動いている「
一本多助」を、英子のオ○○コから抜こうと、手を伸ばす紗英に対して、英子が叫んだ。

「触らないで!!」
「私に、触らないで!!」




作品中のアダルトグッズ等は、この
サイトを参考にしています。→→ここ


他のエロブログに跳ぶ→fc2ranking.gif



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:アダルトグッズ・ラブグッズ - ジャンル:アダルト

  1. 2008/02/20(水) 17:10:57|
  2. 復讐はアダルトグッズと共に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

復讐はアダルトグッズと共に #12

 お尻の穴のヒダヒダが、あたかも空気を吸う生き物の様に動き、白い綺麗なお尻が「いやいや」と言いたげにフリフリと動く。
 手足も、何か悪い夢を見ている子供の様に、何もない空間を掴んだり、ひっかいたりしている様な動作をしていた。
 体は強い反応をしめしているのに、英子本人は、起きる気配がない事が、紗英にとっては、とても面白かった。
 アルコールのせいなのか、紗英本来の物なのか、英子の性器への陵辱は段々と強くなっていった。
 カリ部分の振動ローターのスイッチを入れ、クネクネと動く「
一本多助」に前後に軽くピストン運動を加える。
 英子の体は、その刺激に耐えかねたのか、横向きの体勢から、仰向けに、ゴロンと転がった。
 紗英は一瞬、英子が起きたのか?と「
一本多助」から手を離し、身構えた。
 しかし、英子はしっかりと寝ているようだ。
「うぉ、びっくりしたぁ?」
 と紗英は、仰向けになった英子の股の間で、太ももに挟まれて、苦しそうに「うぃぃん」と言っている、小動物の様な「
一本多助」を、今度は英子の前方から、握った。
 紗英とは違って、英子の下半身の陰毛はとても薄く、直毛に近い感じで、朝、ブラシをかけていない、おやじの髪の様に、あっちこっちに乱れてはいたが、なぜか清潔感を感じさせた。
「うむ、陰毛もなかなかお子様っぽいの?」
 と、まったくおやじの様な感想を述べる。
 紗英は、太ももまでおろされたショーツが邪魔で、うまく「
一本多助」をコントロール出来ない。
 とうとう紗英は、英子の小さなショーツを脱がしてしまった。



作品中のアダルトグッズ等は、この
サイトを参考にしています。→→ここ


他のエロブログに跳ぶ→fc2ranking.gif

テーマ:アダルトグッズ・ラブグッズ - ジャンル:アダルト

  1. 2008/02/12(火) 23:18:26|
  2. 復讐はアダルトグッズと共に
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。