FC2ブログ

元アダルトDVD、アダルトグッズ店長がオモチャプレイを妄想するブログ

元アダルトDVD、AV、アダルトグッズ店長が大好きなオモチャプレイを小説風に垂れ流すブログ         18歳未満の観覧はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

強烈オナニー体験 #013

「おい、俺の大事な白のベースいじるなよ?」
「あっ、アンプも電源入れて?」
と少しご立腹気味。な、なんか言わないと変だ、
「えっ、えっと・・・」
「なんて言うか・・・私もベースに興味が出て来たって言うか・・・」
「弾いてみたいっていうか・・・」
とそんな気持ちは更々無いのに、口から出たでまかせが、兄を豹変させた。
「おっ、そうかぁ?やっとベースの良さが分かったかぁ?うんうん」
とかなり嬉しそう。そして
「その白のベースはだめだけど、その奥にある茶色の奴、あれ使ってないからあげるよっ」
 いらんいらん、そんな物いらん!!と心の中で叫んでみるが、口には絶対出せない・・・。
「あ、ありがとう・・・でも大事なベースじゃないの、そんなの悪いから自分で何とかするし・・・」
すると兄が
「昔使ってたけど、もういらないし、安物だから、やるから持っていけ」
兄がそこまでいるのに断るのは、変だったので、渋々、茶色のベースを貰うことになってしまった。自分の部屋にあの茶色のベースが来るなんて・・・考えただけでも鬱だわ。
「確か、小さいアンプが押入の中にあったはずだから、探してやるわ」
だから、いらん、そんなもんいらん!!と思ってみても
「あ、ありがとう・・・大事にするわ・・・」
時々、気を抜くと胸のポッチリが出て来て焦るが、すぐに猫背にして回避する。
「あっ、何か買ってきてくれたんでしょ?下行こうよ」
「そうそう、肉まん買ってきた、食べようぜ?」
と兄は部屋から出て行った。ほっ、良かった。なんとかこの緊急事態を回避することが出来たようだ。早く穴に刺さっている
ブラックカイマンを抜かなければならない。真っ直ぐ背筋を伸ばして歩くと、カイマンが膣奥を強く刺激するので、これまた猫背で、そして、がに股になって、欲しくもない茶色のベースを持って自分の部屋に戻った。速攻でブラックカイマンを抜くつもりだったが、痛いので、ゆっくりと抜くと、ブラックカイマンには少し白く濁った液がべったりと付着しており、愛液のニオイがぷーんと匂った。うぉ、早く拭かなきゃ?とティッシュを箱から最速で抜き取り、ブラックカイマンを雑に拭き取り、タンスの下着入れの奥に突っ込んだ。ふ?これでひとまず安心だ。自分のお股もティッシュで拭き、ティッシュに血が付いていないか確認した後、安心して、ゴミ箱に捨てた。ブラを装着し終わると、バタバタと下に降りた。
 その数日後、兄がアンプを探し出したらしく、私の部屋に持ってきた。私は、そのアンプを見た時、愕然とした。小さいっていったでしょ!!思った以上にでかい。悪魔のアンプ程じゃないけど、小悪魔ぐらいありそうだし、本当に自分の部屋に似つかわしくない物体なのだ・・・。このアンプは兄のアンプと違って、アンプ部分とスピーカー部分が同じ箱に入っていて、スピーカーユニットは1つで、その1つが30センチ以上あるような大物なのだ。兄は、ニコニコして、アンプと茶色のベースをセットすると、チューニングし始め、
「ボンボロ」「ボン」と弾き始めた。
 私は、イヤとは言えないので、黙ってその作業を眺めていた。もってきたアンプを観察してみると、前にある蓋(フード)はプラスドライバーで簡単に開きそうだ・・・。くふっ。そう考えたら、ジワっと濡れてきた感じがする・・・。頭の中のエロが暴走する。




作品中のグッズ等は、この
サイトを参考にしています。→→ここ


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:アダルトグッズ・ラブグッズ - ジャンル:アダルト

  1. 2007/12/08(土) 13:21:16|
  2. 強烈オナニー体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10chou.blog120.fc2.com/tb.php/25-cd81eb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。