FC2ブログ

元アダルトDVD、アダルトグッズ店長がオモチャプレイを妄想するブログ

元アダルトDVD、AV、アダルトグッズ店長が大好きなオモチャプレイを小説風に垂れ流すブログ         18歳未満の観覧はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復讐はアダルトグッズと共に #06

 深夜を過ぎてから、少しエッチな番組が始まった。
 それは、水着姿の女の子数人が、ちょっとエッチなゲームをしたり、ヌードの女の子が出て来たり、眼鏡をかけて、ティーチャーのコスプレした女の子がエッチな小説を朗読するコーナーもある。至って普通のエロ番組であった。
 紗英と美絵は、なんの言葉も交わさず、静かにエロ番組をみていたが、朗読の内容に、「バイブレーター」という言葉が出て来た時、紗英が激しく反応したのだ。
 紗英は、すっかりと忘れていたのだ・・・英子が隠している「
アダルトグッズ」の事を。
 紗英は、非常に軽い身のこなしで、テレビの前を陣取る。
「サエ!!見えないよぉ」と美絵に叱られながら、紗英は箱を1つ取り出すと、元の位置に戻った。
 紗英はチラチラと寝ている英子が起きる様子がないか確認してから、箱を開ける。
 そして、バイブを手に取り、しげしげと眺めている。「意外と重いね」
「クネクネ動くのかな?」
 どうも、紗英は
アダルトグッズの類を触るのは初めてらしい。
 美絵が
「ほら、そこにスイッチがあるでしょ。入れたら動くんじゃない?」
「ミエ、詳しいのね?、使った事あるんじゃないの?」
 と紗英がニヤニヤして、美絵を見るが、美絵からの反撃は無かった。
 一瞬のまが全てを物語っていた。
アダルトグッズを使ったことが無いのは、エロエロ紗英、たった一人であることを。
 紗英は、なぜか負けた気がして、少し落ち込んだが、
アダルトグッズへの興味が勝り、「一本多助」のスイッチを入れる。
 「
一本多助」は、「うぃーん、うぃーん」「びぃぃぃぃん」という機械音を発せながら、振動しクネクネと美しく動いた。
「すげっ」と言いながら、紗英の瞳はその「
一本多助」に釘付けとなっている。
 次に、もう1つのスイッチを入れる。
今度は、先の太い部分が「びぃぃぃぃん」という大きな音と共に、激しく振動した。
 驚いた紗英は、目にも止まらない程速くスイッチを消す。
「うわ、びっくりしたぁ?」
 といいながら、英子が目を覚ましていないか確認する。
 英子は熟睡モード、進行形。
 酔っぱらった時の英子は、一度寝るとまず起きない。
 紗英は、少し考えてから、おもむろに「ニヤッ」して、寝ている英子にかけてある、水色のタオルケットの端を握ると、ズルズルと英子のお尻が見える程度にまくり上げた。




作品中のアダルトグッズ等は、この
サイトを参考にしています。→→ここ


他のエロブログに跳ぶ→fc2ranking.gif
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:アダルトグッズ・ラブグッズ - ジャンル:アダルト

  1. 2008/01/18(金) 17:02:07|
  2. 復讐はアダルトグッズと共に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10chou.blog120.fc2.com/tb.php/45-8c168ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。