FC2ブログ

元アダルトDVD、アダルトグッズ店長がオモチャプレイを妄想するブログ

元アダルトDVD、AV、アダルトグッズ店長が大好きなオモチャプレイを小説風に垂れ流すブログ         18歳未満の観覧はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復讐はアダルトグッズと共に #18


「ア・ナ・ル・・・・」と、ほとんど聞き取れない程の小さな声で、復唱する紗英。
 美絵は「ぎゃははははははっ」と腹を抱えて、笑い転げてた。両目に涙さえ浮かべている。
 紗英には、悪いが、面白すぎ!!!
 紗英の顔が少し青くなる。
「エイコちゃん、アナル・・・お尻はちょっと・・・ダメかなぁ・・・」
「サエちゃん、さっきまで、ずばっとやっちゃってって言ってたのに!!」
 と睨む英子。
 やっと息が出来るようになって美絵が
「そうだよ、サエ、自分がやれっていったんじゃん。今更、出来ませんってそれは、ダメでしょ」
「そんな事言ったって、ミエ、お尻だよ、アナルだよ」
「私、やった事ないし、痛いのはいやだなぁ」
「痛いか、痛くないかはやってみないと分からないし、エイコにあんだけ酷いことしたのに、自分だけ出来ないってのも、なんなんだかなぁ?」
「そ、そんな事言ったって・・・」
 と段々と声が小さくなる紗英だった。
 二人の瞳が紗英に、重くのしかかる。
「あーーーもーーーーー、分かった、もうやっちゃってよ」
 と、紗英は観念した。
「少しは痛いの我慢するけど、とっても痛いのはイヤだからね!!!分かった?エイコ」
「うん、分かったぁ」
 と、コンドーム「
GOKUATSU」を被せられた「性感アナルクリニック」を持つ英子は、満面の笑みを浮かべている。
 美絵は、ゾクゾクと背筋に冷たい物を感じられずにはいられなかった。
 紗英は、再びこたつ兼テーブルに上半身をあずけ、お尻を英子に向けた。
 英子は躊躇無く、紗英の小さなお尻の左側をギューと開けると、アナル丸見えの状態にして、「
性感アナルクリニック」を近づける。
 紗英は、「あーんもー、そんなに開けないでよ!!」
 と言うが、全く聞いていない風の英子である。
性感アナルクリニック」は、紗英のアナルに優しく触れた。
「ひっ」とお尻を引っ込める紗英。
「もう、サエちゃん、動かないでぇ」
「ミエちゃん、ちょっと動かないように押さえていてよ」
 紗英の肩を持って、押さえ込もうとする美絵に、紗英の恐ろしいほどの光線が目からほとばしる。
「あ、いや、ごめんエイコ、出来そうにないわ」
 と紗英から離れる美絵。
「サエちゃん、あまり動かないで、じっとしてじっと」
「そんな事言ったって、体が勝手に反応してしまうんだって」
「すぐ終わるから、我慢してくださいね?」
 と、注射をいやがる子供に話しかける看護婦さんのように言う。
 涙目になりながら、美絵を睨む紗英。
「サエ、私は何にも悪くないからね、分かってる?そんな目で私の睨まないでよ」
「わ、分かってるわよ・・・・」
 このやり場のない状況に、紗英は美絵を睨んでいる。「うっ!!」
 と紗英がうなる。
 そんな会話をしている内に、紗英のアナルに「
性感アナルクリニック」が少しめり込む。



作品中のアダルトグッズ等は、この
サイトを参考にしています。→→ここ


他のエロブログに跳ぶ→fc2ranking.gif
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2008/04/13(日) 09:18:34|
  2. 復讐はアダルトグッズと共に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10chou.blog120.fc2.com/tb.php/57-ed3fbe24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。