FC2ブログ

元アダルトDVD、アダルトグッズ店長がオモチャプレイを妄想するブログ

元アダルトDVD、AV、アダルトグッズ店長が大好きなオモチャプレイを小説風に垂れ流すブログ         18歳未満の観覧はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復讐はアダルトグッズと共に #23

 紗英が「ダメ!!ダメっっ!!イッちゃうっ!!」
叫んだと思ったら、両手の拳をギューと握って、脇を締め、背中やお尻、太ももやふくらはぎ、そして、首筋にいくつもの筋肉の筋を作る程、全身を硬直させた。
 そして、ずっと刺激に反抗し続けていた紗英の体は、延びきったゴムが瞬間的に縮むように、一気に爆発した。
 紗英の体は、大きく仰け反り、両足は瞬間的に閉じられ、小刻みに痙攣を起こした。そして、こたつの上に力無く崩れ落ちると、ヒクヒクと体が軽く痙攣を起こしている。呼吸は荒く、額からの汗は、重力の法則に従って、いくつもの筋を作った。
「エイコ、早く抜いて上げて!!」
「う、うん、分かったぁ」
 英子は、「
性感アナルクリニック」のスライドスイッチをオフにすると、紗英のアナルから、抜き始めた。
性感アナルクリニック」の小さなこぶが紗英のアナルから出てくる度に、紗英の体は、ビクンビクンと敏感に反応し、口からは「うっ、うっ」と小さな声が漏れる。
 紗英の膨張しきった性器からは、止めどなく透明の汁が滲み出てきている。
性感アナルクリニック」の一番太いカリの部分が、紗英のアナルのしわを完全に伸ばし、プニッと完全に抜き終わった時、紗英の体は大きく仰け反り、そして、終息に向かう。
 呼吸は整えられ、筋肉の硬直も無くなり、紗英は静かに目を開ける。
 目の焦点は、うつろで、何も見ていない様子である。
 美絵は、紗英の瞳から溢れて流れ出てくる涙の真意は分からなかったが、今この場で聞くことは避けた。
 英子は慣れた手つきで、抜き終わった「
性感アナルクリニック」の片付け処理を行っていた。
 片付け処理を終えると、ティッシュで紗英のお尻の穴周辺を拭こうとした時、紗英の手が、英子のティッシュを持った手を「パシッ」と叩き落とし、英子からティッシュを奪うと、そのティッシュで自分のお尻を押さえながら、立ち上がり、脱がされたショーツとパンツをもって、トイレに入っていった。
 残された美絵と英子は目を合わせ、アイコンタクトでこの場をどう切り抜けるのか話し合った。
 しかし、何も浮かばず「やりすぎた感」が部屋の中に充満している事は確かであった。
 トレイから出た紗英は、そのままお風呂場に入り、シャワーを浴び始めた。
 英子はその間に、全ての
アダルトグッズを片付け、美絵は、つきっぱなしのテレビを何気なく見ていた。
 シャワーを終えた紗英が、こたつ兼テーブルに戻ってくると、静かに座った。
 美絵と英子は意識的に、紗英の顔を見ることは避けた。
 そんな空気を察知したのか、紗英が
「まあ、気にするな」
 といつもの紗英の口調で言った。
 英子はその言葉を聞いて、ほっとしたのか、いつものように
「だよね?、サエちゃんがやってもいいっていったんだもんね?」と開き直ったようだ。
「まっ、そう言う事・・・」と小さな声で紗英が答える。
 美絵も今後の成り行きが不安だったのだが、ホッと胸をなで下ろした。
「少し、お腹空いたな、コンビニいこうぜ?」
 と、紗英が二人に提案した。
「そうね、外も明るくなってきたし、ちょっとコンビニでもいって気分転換しましょうか」
 と、美絵は英子に向かって言う。
「うーん、わかったぁ?行こう、行こう?」
 3人は外に出る用意をすると、静かにドアを開け、英子が鍵を閉めるのを待った。
「ちょっと寒いね」
 と紗英が手をコートのポケットに突っ込みながら言うと
「本当ね、早朝だから、ぐっと冷えるわね。」
「サエ、ちゃんと髪を乾かしてきた方が良かったかも、風邪引かないでよ」
 と美絵が言う。
「おっ、大丈夫」 

作品中のアダルトグッズ等は、この
サイトを参考にしています。→→ここ


他のエロブログに跳ぶ→fc2ranking.gif
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:鬼畜恥辱変態 - ジャンル:アダルト

  1. 2008/10/03(金) 12:33:31|
  2. 復讐はアダルトグッズと共に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://10chou.blog120.fc2.com/tb.php/62-bcc2d244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。